2014/02/04 Tue  09:59
ワンコにあげてはいけないものリスト

ワンコにあげてはいけないものリストを自分用に。
(調べてはメモにしてるのですが、忘れて調べなおす事が増えた)
一般的なこれはダメを書いておきます。リストになくてもアレルギーであればそれを除かなくてはいけません。

【調味料・香辛料】
ケチャップ ソースなどは中毒性のある玉ねぎが原料に入っている。刺激物の多い香辛料などは感覚障害を起こしかねないので注意。

【飲み物】
牛乳は下痢を起こす事が多い(糖分分解酵素の無い子が多いため)コーヒー お茶 紅茶 カフェインが中毒の原因、中枢神経興奮作用が危険。
アルコールは人間で言う急性アルコール中毒のような状況に陥りやすい。そのまま死亡のおそれもあるので注意。
市販の野菜ジュースには糖分 塩分 玉ねぎ が含まれることがある危険。

【魚介】
タコ イカ 貝類 ビタミンB1の破壊物質が多く含まれるので危険。甲殻類は生だとビタミンB1の破壊物質がある危険、加熱すれば大丈夫。(内臓にその物質が多いとのこと)

【肉】
人間用に加工されたハム ソーセージ からあげ 味が濃くて脂肪も多いので肥満の原因になる。ハンバーグは一般的に内容物に玉ねぎ入りなので危険。

【果物】
ブドウ類(干しぶどう含)腎不全を引き起こすことがある。中毒症状により死ぬことも。
グレープフルーツ 外皮部分に下痢 嘔吐を誘発する成分あり注意。
レモン ソプラレンが中毒症状を引き起こす。
イチジク レモン同様ソプラレンを含む 口内の炎症、嘔吐の原因。

☆桃 キウイ バナナ イチゴなどはアレルギーがある場合危険。
☆未成熟の桃 青梅 リンゴ ナシ びわ さくらんぼ 杏 の実や種にアミグダリンが含まれており、犬の体内で分解されると青酸毒になり中毒死することがある。成熟品でも種は危険。

【野菜】
ねぎ類 ニンニク ニラ しょうが 犬の赤血球を破壊する成分が含まれるため、血色素尿症 溶血性貧血の原因に。これが入っている料理にも注意。汁などもダメ(人間用コンソメもダメ)
ニンジン ピーマン 過剰摂取は肝臓に負担があるので注意。
アスパラガス トマト ナス ピーマン 微量だけどアルカロイドが含まれるため大量摂取は要注意。
トマト ナス 葉や茎に毒性あり注意。

☆アボガド ドッグフードにも入ってるのに何で?と思って調べてみました。
果肉や皮に中毒物質が含まれていて 下痢や嘔吐 胃腸の炎症の原因になる模様。もしかするとアレルギーによる中毒症状かもしれないとの見解もあるので ( ̄-  ̄ ) ンーな結果に。
海外の研究では品種によると報告もあるようですが、調べれば調べるほどわからなくなる・・・(。・д・)ァゥ
アレルギーが原因だとしたらを考えてバナナやトマトやキウイがひっかかるワンコさんは食べないほうがいいかもしれません。(分子構造が同じため)

【その他】
チョコレート テオブロミン カフェイン 超危険物質、けいれんを引き起こす。カカオは中枢神経 心臓 血管に悪影響をもたらす。下痢 嘔吐 最悪は死に至る。
マカダミアナッツ 中毒により嘔吐 発熱することがある危険。
キシリトール 大量摂取すると急激に低血糖をおこす。死亡例がある。


まだまだ未完成なので「これもダメみたいだよ~」というのがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

2013/09/19 Thu  16:26
電車でのおやくそく

おともだちのブログで話題になっていて調べるきっかけをいただきました「電車でのおやくそく」を今回記事にしようかなという感じです。
どうやら電車でのペット連れでの移動の規定が少し変わったとのことなので調べてみました。

2013年4月 駅にペット持ち込みについてのポスターが貼られたそうです。
それによると
・長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの

禁止になったもの
・ペットカート(そもそも規定の大きさアウト)
・ペット用では無いバッグ(息できないでしょうが・・・)
・スリング(全身入っててもアウト)
・リードのままや抱いて入る(何考えてるの?)

ただし ペットカートで車輪のある本体とペットの乗っているカゴが切り離せるもので カゴ部分が規定の大きさ以内ならOKだそうです。本体畳んで持ち込みですが・・・
余談ですが ここ最近(2013年4月以降)カートの本体切り離しのカゴのものが広告でよく紹介されていたのはコレのせいもあったのかなと少し納得しました。

まあさ・・・こういう規定をきちんと調べる人っていうのは違反しないんですよね。違反しないというかできるだけ小さく小さくなって迷惑かけないようにしようってなるんですよ。
それに 大抵のことですが・・・
こういう禁止事項を目につくところに掲げるってことは こういうことをしないと「知らないわよ!書いてないじゃないか!」とか言うのが目立つってことなんですよね。
以前に比べて 気軽に「こういうバカな事をしている人が居た」とネットにポンッと出てしまう世の中なので余計目につくようになっているのもまた事実なのかもしれません。

少し調べるだけで 非常識飼い主さんの話は出てきます・・・

あとは自衛も必要なようです。ケースに入れて静かに乗車していたのに、隙間から尖ったものを差し入れられた(飼い主さんがきちんと見て監督していたので事故にはならず)なんて事もあったようです。
小さい子は指を入れてしまうかもしれませんしね・・・絶対に噛まない なんて言いきれないですし。

あとはご紹介いただいたサイトを貼っておきます
犬が大好き!愛犬が結ぶドッグコミュニティサイトSWEETA 「スウィータ」
トップページから 02TRENDカテゴリ内の
【EDITORS】愛犬同伴時の乗車規制について
という所に各鉄道会社さんの規定がのっています

ルールを守って 楽しいおでかけを!

調べる機会をくださったpaddyさんに感謝します(o_ _)o))

2013/02/20 Wed  10:44
集合住宅でのおやくそく

今 ペット飼育可能なマンションに住んでいます。
あとからペット飼育可能になったということで色々な問題があります。

気を付けたらいいんじゃないかなあーという感じで書いてみようかな
これからペットと集合住宅に入ろうとしてる方の参考になればいいなあと思います。

○ペットを飼育していることを管理人さんや大家さんに報告する。
○毎年予防注射など様々な旨の証明書を用意しいつでも出せるようにしておく。
○吠えたり落ちたり脱走することもあるのでベランダに出しっぱなしにはしない。
(日光浴中の小動物さんが脱走したことが報告されたこともありました)
○廊下やエントランスなどでペットを床におろさない。
(共用部分でトイレをさせないためです。)
○エレベーターでは抱っこかバッグへ。他の方が居たらご一緒してもいいか伺う。
(以前エレベーター内でペットが粗相をしてしまい、それを足でのばすという大人を見たことがあります。お散歩セットすら持って出ないのかと・・・呆れますね。)
○毛のお手入れは窓や扉を閉めてから。
(毛が他のお家に飛んでいくのを防ぎます。)

このようにちょっと気を使うだけで周りの方とも上手にお付き合いできるようになると思うのですが まだまだのようで・・・トラブルはかなりあると思います。(最近エレベーターでは抱っこをとの張り紙増えたしね・・・)

さて この記事実は10年以上前に書いてたりしました。それでもトラブルがなくならないんですよね・・・
これからも気を付けていきたいですが、少しでもこういう風にまわりに気遣いしてくれる人が増えたらいいなと
思っています。ペット飼育可能な物件がもっと増えますように・・・。

プロフィール

となみ

Author:となみ
ようこそ
おとしよりヨーキーのえるくん
(1998.1.18-2014.7.20)
ちいさいヨーキーしぇりさん
(2012.12.24)
おっとりヨーキーぽるとくん
(2014.12.20)
飼い主ののんびりブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ


        HOME