いつもの日記

ヨーキーと飼い主ののんびりブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- | comment -- | edit

PAGE TOP

台風27号通過しますね 


写真がありませんですのよ・・・(。・д・)ァゥァゥ
入れてもらわねば(´;ω;`)


台風27号と28号の進路に振り回された一週間でございましたが 27号も28号も本州からはずれているものの・・・離島住まいの方にはなんとも心配な進路でございますね(´・ω・`)
伊豆大島での避難でペットの避難の事が周知されないままだったことをご存じでしょうか・・・?
島から先の避難所でペットの預かりはありません。(今までの対応)との事で泣く泣くフードや水を溢れるほど部屋に置いて家を後にした方が少なからずいらっしゃるようです。
が・・・しかし!本当はあるんです。
島外に避難中、東京都獣医師会所属の動物病院で犬や猫を預かってくれます。
もちろんワクチンその他きちんとしてる事前提で無料なようです。もしもしていない場合はその分の実費がかかるようですが。(預かりは無料)
島内避難では原則車の中などで・・・との事らしいです、各避難所で中にケージを入れる事は許されていないようです。
大島の場合は保健所でケージやリードなどをある程度保有されているようで 貸出もしてくれるそうです。
若い方などはこういうことをさくっと調べておけますが お年を召していらっしゃる方や自分のことで精いっぱいで避難する段になって「あら・・・この子どうしましょう・・・」で考えが及ばない方もいらっしゃるかと思われます。本来ならこうなる前に知っておかなければいけない事だったんでしょうけども。調べなければわからないという事にはせずに 回覧板や放送、動物病院での案内などでお知らせすることもできたんじゃないかなーと思ったりします。

東北の震災後ペット達があの寒い空の下でぬかるんだ校庭に繋がれて暖を取ることもできず震えていたのを思い出します。避難所によっては玄関をペット広場にする所や学校の物置を解放した所もあったようですが 基本的に車の中か外につなぐ だったようですね。
災害が起きるたびにペットの事が後回しになることが問題視されてきてはいますが、避難先での事というのはまだまだみんな知らないんじゃないかなと思います。
自分の避難するであろう場所はどうなっているのか 今一度確認と市などの対策などを調べておくといいかもしれません。
ちなみにのえる家の避難先はペットNGです。車がなければ外ってことですね。
冬は毛布でも貰って外で一緒に過ごす感じかな・・・
夏とかどうなるんでしょうねo(TωT )oひぃぃぃ

離島の方々のご無事と不安が早く解消されますようにお祈りいたします
trackback -- | comment (2) | edit

PAGE TOP

コメント

No Title

こんばんは~♪
先週、大島などに大きな被害をもたらした台風26号が去って間もないのに、今週は、台風27号と28号のふたつの台風の進路に振り回された一週間でしたね(T_T)
大島の方々の不安は、測り知れないですよね(涙)

伊豆大島の避難の際の映像を観た時に、東京の竹芝桟橋に向けて避難できないおばあちゃまと猫ちゃんの映像とヘルパーさんとの会話がもの凄く脳裏に残っているんです。
詳しい事情はわかりませんが、おそらくそのおばあちゃまは、猫ちゃんが都内の避難所に一緒に行けないと思われて島に残られたんだろうな・・・って思いながら、もう大きな被害がないことをお祈りしていました。
私も、大島に今の家族で住んでいたら、絶対アイリーンとナタリーを残して避難できないって思って自分に置き換えていたんです。
でも、ちゃんと東京都獣医師会所属の動物病院さんで預かってくださったのですね。  知りませんでした。

本当に、回覧板、放送、動物病院からのご案内等でお知らせ出来ましたよね。
私の住む地域も避難所にペットはNGです(涙)
東日本大震災の日も、夜中になっても余震で怖い思いをしながら、このままもし最悪の事態になっても、避難所には行かずに車の中で一緒にと覚悟を決めていました。
私も、改めて動物病院さんの受け入れについてや、市の対応、対策を調べておこうと思います!

大島の方々のまだ行方がわかっていらっしゃらない方々のご無事と皆様の不安が解消されますように私もお祈りいたします。

paddy #v7yt0xno | URL
2013/10/27 01:02 edit

paddyさんへ

おはようございます。
書き込みをありがとうございました

レポート待ちで正座をしてますよ~(嘘
台風一過でご帰宅されている方もいらっしゃるようですね。ご両親が島に残り、小学生くらいなのかな?お子さん二人だけ島外避難されていたケースで映像が出ていましたが、お嬢さんが少し涙ぐんでいてこちらまでもらい泣き・・・不安な状況で安全確保のためとはいえご両親と離れる不安はいかばかりかと子供にとっては修羅場だったのかなと・・・
みなさんご無事でなによりでしたね。映像でですが安全の確認ができた喜びをわけてもらってほっとしてます。
あとは・・・行方不明の方が早くご家族のもとへお帰りになれるように今日もお祈りをしておきますです。
そうそう、paddyさんの方は内陸だと思うので変わってはいないかもしれないんですが、災害のタイプによって避難する場所が変わった地区もあるようです。津波が懸念されるような場合は避難所が山側や高い建物を有する施設とか。
私宅の方は蓋がされてるところが多いのですが、昔の運搬の名残で小舟用の水路が結構残っているらしいですそれを踏まえてなのか浸水域が見直されて拡大されたようです(。・д・)ァゥァゥ(あの震災後)以前ここは1メートル無い予測だったのですが一気に4~7メートルに変更されてましたΣ(゜ロ゜)調べると結構あるもんですね・・・

となみ #Aa5xxhWU | URL
2013/10/28 09:13 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。